肝臓に良い食べ物と肝臓の働き

肝臓に良い食べ物と肝臓の働き

現在、日本人の死因第一位は癌となっています。

その中でも、肝臓癌は肺や胃、大腸に続き男女共に高い割合となっています。

特に肝臓癌は悪化するまで症状が出にくく、おかしいと思ったときにはもう遅いという恐ろしいものです。

たとえ癌まで行かなくても肝硬変や脂肪肝など肝臓の病気はいずれも深刻な結果をもたらします。

そして、それを防ぐためには普段から暴飲暴食やストレスを避けてなるべく肝臓に負担をかけないようにすることが大切です。

また当然、お酒の飲み過ぎも禁物で日頃の食事も健康的で肝臓に良い食べ物を選ぶようにしましょう。

肝臓に良い食べ物はいろいろありますが、しじみに代表されるようなタンパク質やビタミン、タウリンなどを多く含んだものの他、肝臓の持つ解毒作用を助ける働きのある成分を含んだ食品が効果的です。

そして、大切なのは一時的にそういった食品を食べるのではなく、毎日続けて食べていくことです。

いくら体に良いものでもそれを食べてすぐに効果の表れるものではありません。

肝臓に良い食べ物を意識して摂り続けることで、恐ろしい肝臓病を防いでいきたいものです。

ところで、肝臓が大切な臓器だということは有名ですが、肝臓がどんな働きをしているかはご存じでしょうか?

肝臓に良い食べ物は、肝臓の働きとも密接に関係しています。

肝臓には大きく三つの働きがあり、一つ目は栄養分を合成する働きです。

食べ物が消化されるとその栄養素は一旦アミノ酸やブドウ糖といった形に分解されますが、肝臓ではそれを必要に応じた形に合成しています。

そして二つ目にグリコーゲンの貯蔵があります。

体内に取り入れた糖質のうち、余っているものは肝臓でグリコーゲンという物質に変えられて貯蔵されます。

このグリコーゲンは体が糖質を必要とした際に放出されエネルギーとなるものです。

それから、三つ目は解毒作用。

肝臓は、食べ物に含まれていたりアセトアルデヒドなど消化の際に発生した毒性のある物質を分解して体外へ排出させる働きもあります。

いずれの働きでも肝臓は大きなエネルギーを必要とするので、それを補えるような栄養素を多く含んでいるものが肝臓に良い食べ物だと言えます。

こういった食品の情報は、例えばこちらのようなサイトでも見ることができます。

肝臓に良い食べ物の特集サイト