肝臓に良い食べ物で抑えたい肝臓の病気

肝臓に良い食べ物で抑えたい肝臓の病気

さて、かかってしまうと恐ろしい肝臓の病気ですが、肝臓が悪くなる原因としてはお酒の飲み過ぎがよく知られています。

いくら肝臓に良い食べ物を選んでいても、一方でお酒をたくさん飲んでいては何の意味もありません。

しかし、なぜお酒を飲みすぎると肝臓が悪くなるのでしょうか?

これには、肝臓の持つ解毒作用が大きく関わっています。

お酒に含まれるアルコールは肝臓で一度アセトアルデヒドという物質に分解されます。

これは大変毒性の強い物質で、そのままでいれば肝臓の細胞を破壊してしまうほどです。

普通ならアセトアルデヒドはその後水と二酸化炭素に分解されますが、アルコールの量が多すぎるとこの分解作用が追い付かなくなってしまいます。

そうすると、アセトアルデヒドが肝細胞を壊し、肝臓の機能を低下させます。

さらに放っておけばこれが脂肪肝や肝硬変に発展してしまうのです。

まさにアルコールの取り過ぎは肝臓の健康を考える上で大敵であり、肝臓に良い食べ物を摂ると同時にになるべくアルコールを控えることが重要です。

肝臓の病気にはアルコールの摂り過ぎで起こる脂肪肝や肝硬変以外にも肝炎があります。

肝炎も肝臓の細胞が破壊されることによって起こる病気ですが、その原因はウイルスにあります。

したがって、いくら肝臓に良い食べ物を食べたからといって直接肝炎を予防することはできません。

なぜならウイルス性の肝炎を防ぐには何よりウイルスに感染しないように努めなくてはならないからです。

もちろん、肝炎になったら傷ついた肝臓をいたわる意味で肝臓に良い食べ物を摂ることはとても大切です。

肝炎は主にA型、B型、C型の肝炎ウイルスに感染することで発症し、その場合の感染源は食べ物や輸血、性交渉などです。

一旦このウイルスに感染すると急性肝炎の症状を起こし、さらに慢性肝炎に発展することがあります。

肝炎の治療には抗ウイルス薬と同時に食事療法も行い、ビタミンやタンパク質の補給をしますが、小柴胡湯(しょうさいことう)などの漢方薬も使われています。

この場合でも肝臓に負担をかけないように脂肪やコレステロールの少ないものを心がけなければなりません。